SiteMap

男性求人は機械にできない仕事を探そう

サングラスの男性

今後、人工知能の発達により東京などでは仕事を奪われてしまう人がどんどん増えていくと言われています。東京で男性求人を探すなら、人工知能に奪われない仕事を選ぶことが大切でしょう。人工知能は人間には真似できない凄まじいスピードで大量の情報を処理していくことができます。ロボットの技術も今後発達していくので、単純作業などはすべて機械が行うようになっていく可能性は高いです。自動車は既に自動で運転することが可能になっています。実際に自動運転の自動車が、道路を走るようになるのはまだまだ先の事でしょうが、いずれタクシーの運転手などの職業はすべてなくなってしまうと言われています。特に男性向けの求人は、機械でもできそうな仕事が多いようで注意が必要です。
それでは、人間にしか行うことができない職業とは何でしょうか?この答えを出すのは難しいですが、一つ言えるのはサービス業は機械には奪われない部分があると言えます。サービス業は人の心を動かす仕事ですから、機械に行うことは不可能だと言えます。例え機械が素晴らしいサービスを行ったとしても、人間のように人の心を動かす事は難しいはずです。コミュニケーションスキルを磨いていくことは必要不可欠でしょう。
今ある仕事がなくなっていくと言っても、我々の世代はそれほど心配ないかもしれません。しかし、いつどうなるか分からないことも事実です。人間にしか出来ない仕事の男性求人を東京では探すようにしましょう。

男性の福祉分野への進出について

求人はその時代を色濃く反映します。東京などでは女性の社会進出が強く求められている昨今、女性が企業で活躍する分野は幅広くなりました。例えば、女性が直接、力を使う仕事は求められないでしょうが、機械を使う仕事には対応出来ると認識されるようになりました。その最たるものが「運転系の仕事」です。例えば、バスやタクシーのドライバー、フォークリフトのオペレーター等、以前は男性が主力であった仕事でしたが、女性の割合が多くなりました。東京などで女性が社会で活躍する反面、従来の男性が担っていた仕事の求人割合は徐々に減少しました。減少した割合の分だけ、女性が活躍していた分野に男性が進出した例があります。
従来、東京などでは福祉の分野は女性が主役と捉えられていました。福祉の分野で最初に求められるのが、人とのコミュニケーション能力であり、その能力を活かしてスキルを発揮するのでは無いでしょうか。近年、介護や保育の分野には男性が多く進出しています。従来の女性が活躍する分野の求人に男性が立ち入る事は、サービスを受ける側の立場の理解も得なければなりません。「男性保育士が女児の着替えを行う業務に不安がある」、そう答える親の意見もある程、男性の福祉の仕事には障害があります。このような精神的な負担や低賃金等、男性が福祉の分野で認められるには、まだ時間が掛かりそうです。

女性が少ない仕事

東京を中心に各地では以前、東京のハローワーク求人に男性のみ、女性のみと言う記述をすることが許されていました。看護婦などの様に名前からも女性求人を前提とした仕事もありました。ボイラー技士のように労働基準法で女性の従事が禁止されている仕事もありました。現在は、男女雇用機会均等法により、男性のみが従事できる仕事、女性のみが従事できる仕事はありません。しかし、実際は女性が従事がほぼ不可能の男性求人が東京でもまだあります。
男性求人であったボイラー関係は、女性労働者も少しですが居るようになりました。しかし、大工や左官業、溶接工、毒物を伴う化学工場では、女性従事者を見かけることはほぼありません。毒物を取り扱う化学工場については、労働基準法で、母体保護の観点から女性の従事は禁止されています。大工や左官業、溶接工に関しては、女性の従事が禁止されているわけではありません。
私は、男性と女性の身体的特徴の違いから、これらの職種に従事する人が少ないのではないかと推測します。女性は、力が男性より弱いです。大工や左官は木材を運搬したり屋根にのぼったりするため、力が弱い女性にとっては辛い仕事です。溶接工に関しては、アセチレン等の危険なガスを使ったり、高温環境です。このような悪い環境が母体に悪影響を引き起こすため、従事者が少ないのではないかと思います。


東京にきて高収入を狙う男の方は多いでしょう。そんな男の方にはこちらの求人がおすすめとなります。:東京の男が稼ぐならこちらの求人
想像以上に稼げる仕事を東京で探しているならぜひこちらの求人へ応募してみてください。

Update Post