SiteMap

男性の求人も資格がないと厳しい時代

おしゃれな服

日本では、まだ、男女の年収の差は歴然としています。しかし、男性だけの中でも、資格があるなしでの給与の差が目立つようです。昔のように、会社が資格を取らせてくれる場所も限られ、新卒なら取らせてくれても、中途採用には既に資格保持者を要求しています。また、地域差もかなりありますから、同じ仕事でも、給与差は10万近くあったりと、ある意味では相変わらず厳しい状況です。
家族がいる場合、奥さんも働いていないと、普通に生活するにも困窮するような場合もあります。平均収入に対しての税金や年金、保険などが高くて、それらを差し引かれたら、手取りがかなり低くなる事もあり、給与より手取りを念頭に入れとかないと、就職に失敗したという事にもなりかねません。日本人の平均年収と比べると、求人は沢山あるが、ほとんどが平均以下の年収にしかならない求人が目立つのも確かです。
資格も特殊な資格(玉掛けや薬剤師など)でないと、給与の高い会社には入れません。過労死など、残業の長さが問題になり出してからは、残業代で稼ぐ事も難しいようです。バブル期は、ほとんどが残業代で年収が上がっていた構造もありましたから、なかなか稼ぐのも大変な時代になって来ています。旦那が稼いで、妻が専業主婦では家計が、成り立たない社会構造になって来ているのが、求人からも見て取れますね。

Update Post